BVS-1002(1CDプレス盤)プラケース仕様 \1,500+ tax
JEFF BECK GROUP - MARQUEE CLUB 1967 OFF REEL

IMPより新レーベル『BLACK VALENTINE SELECTION』が登場!
60〜70年代に英米でロックの洗礼を受けたIMP在米ブレーンが贈る、
フレンドリーな価格帯で黄金ロック期を中心にリリース!

1967年3月のアストリア劇場での初ステージから連日のように精力的にライブ活動を展開していたジェフ・ベック・グループが、
1967年9月26日にマーキー・クラブで行ったギグを収録したAUD音源を、Black Valentineが80年代初頭に英国から取り寄せたマスター直結リールからのダイレクト・トランスファーにより、すぐそこで演奏しているような臨場感溢れるサウンドでCD化!

40数年前の録音ということで磁性体の劣化による音ユレ等がたまにあるものの、カセット等を一切経由しない直結リールならではのダイナミックな鳴りで、既発盤のような大幅なピッチの狂いもなく、当時の貴重なギグの模様が手に取るように伝わってきます。
特にギターの輪郭がより明確になり、クールでいて熱く、王道でありつつトリッキーなジェフのアイデアに満ちたプレイが堪能できます。

エルモア・ジェイムス作「Talk To Me Baby」が2テイク収録されていますが、恐らくこの日2ステージ行われ、頭の2曲がファースト・セットから、そして3曲目以降がセカンド・セットからの録音のようです。
また「Jeff's Boogie」後のロッドのMCの「Hey!」などなど、既発盤では欠落している箇所もノーカットで収録し、過去最長版となっています。

新機軸のブルース・ロックでシーンに殴り込んだジェフ・ベック・グループの、1967年という黎明期の貴重かつグルーヴィーなサウンドをお楽しみ下さい!

2010/12/17update

01. Stone Crazy
02. Talk To Me Baby (I)
03. Talk To Me Baby (II)
04. Let Me Love You
05. I Ain't Superstitious
06. I Think I'll Be Leaving This Morning
07. Rock My Plimsoul
08. Jeff's Boogie
09. Wee Baby Blues
10. I'm Losing You
11. Oh, Pretty Woman

■■安心・信頼の佐川急便e-コレクト(代引)配達です■■
受取時(配達時)に現金の他にも、各種クレジットカード、キャッシュカードでのお支払可能!
細かい配達時間指定もできます。詳しくは→HOW TO ORDER
オーダーはこちら  メールにて受付、即、発送しています。