EGSH-0004(1CDデジパック仕様)
チェコ・プレスEU輸入仕様/日本語帯付
EGSH-0004 / degi-pak
1CD = \2,150(税抜)在庫有!!
THE ROLLING STONES - ENFANT TERRIBLE LIVE 1965-1966
 

興奮!初期ストーンズのワイルドな名演!豪州&西独公演サウンドボード音源!

「恐るべき子供達」と呼ばれた英国の5人の若者が、その衝動と実存とを体現し炸裂させた
1966年豪州公演と1965年ドイツ公演の貴重ライヴ録音をカップリング収録!
敬愛するブラック・ミュージックの名曲に、本格化し始めた自作曲とを絶妙に織り交ぜ、
ワイルドに躍動する初期ストーンズ・ライブの醍醐味が凝縮された大興奮の実況録音盤!

★伝説の名演'66年豪州公演と新たに発掘された'65年ドイツ公演をカップリング!
★R&Bに真摯にアプローチしながらも世界を熱狂させたワイルドなステージの魅力が一杯
★ブライアンのブルースハープがグルーヴを先導!これが初期ストーンズのリアルなライヴだ!
★オリジナル・マスターにあった微妙なピッチのズレも修正して登場!

世界最高のロック・バンド〜ザ・ローリング・ストーンズの原点といえる'65〜'66年ライヴ!
まず収録されているのはブライアン・ジョーンズ在籍期の未発表ライヴ音源の中でも
関係者の間で最も評価の高い名演、1966年豪州公演。
興奮し絶叫する司会者が各メンバーを紹介し間髪入れず始まる"The Last Time"のカッコ良さ!
そしてR&B名曲"Mercy Mercy"、当時はピカイチの扇情的ナンバー"She Said Yeah"へと続くショウは
ドライヴする2本のギターと荒っぽいビートがパンキッシュな当時のストーンズの魅力を伝えてくれます。
ブライアンが2本のブルースハープを使い分ける"Not Fade Away"でのバンドの演奏のグルーヴと勢いは必聴です。

そしてドイツ公演。こちらは未放送の貴重音源で、ボーカルが大きめなラフ・ミックス。
Everybody Needs Somebody To Loveから"Pain In My Heart"へのメドレーなど、
R&Bフォロワーとしての初期ストーンズの魅力が一杯です。
Eternal Groovesからストーンズ・ライヴ・シリーズの第2弾!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★Getty Images Japanのライセンス写真使用ジャケ

EGSH-0004
THE ROLLING STONES
ENFANT TERRIBLE LIVE 1965-1966

1 Opening
2 The Last Time
3 Mercy Mercy
4 She Said Yeah
5 Play With Fire
6 Not Fade Away
7 That's How Strong My Love Is
8 Get Off Of My Cloud
9 (I Can't Get No) Satisfaction
Track 01-09 Palais Theatre, St. Kilda, Australia, February 24th 1966

10 Everybody Needs Somebody To Love
11 Pain In My Heart
12 Around And Around
13 Time Is On My Side
14 I'm Moving On
15 The Last Time
16 (I Can't Get No) Satisfaction
17 I'm Alright
Track 10-17 Ernst-Merck-Halle, Hamburg, West-Germany, September 13th 1965

2017July update

■■安心・信頼の佐川急便e-コレクト(代引)配達です■■
受取時(配達時)に現金でのお支払可能!
細かい配達時間指定もできます。詳しくは→HOW TO ORDER
オーダーはこちら  メールにて受付、即、発送しています。